冬眠期間

クマの冬眠期間中にみんなでワイワイする(したい)ブログ

【雑記】働きはじめて1ヶ月

タイトルの通りですが、働き(転職)はじめてから早いもので1ヶ月経っていました。

キリも良いので書いてみようかと。

いやそれにしても早い。転職先から月末作業のメールがきてようやく月末だって気づきました笑

特段めちゃくちゃに働いていたわけではなく、前職のようになんでもかんでもやろうとせず、自分の力の4~6割程度でこなして定時で帰るようにしてます。

4~6割程度と言いながら割と集中して仕事してるので、気づいたら月末だったって感じですね。

仕事のスタイルも異なるので、まだ慣れが必要ですし多少思うところもありますが前職に比べストレスは激減しています。

 

まず仕事のスタンスの違いですが、

・明確なWBSがない

・ないと言いながらざっくりスケジュールはある

・作業の承認者がいない

・案件を理解してる人が誰もいない

・技術に精通してる人がいない

と、これだけ見るとまぁひどい案件に見えますね。実際ひどいんですけどね笑

もう一個違う点をあげると、直請けから3次請けに変わったということですね。

責任を持って仕事をしないわけではないですが、自分らが死ぬ気でやらなくても別にいいじゃないの精神が生まれるようになりました。

ただ、上記の通りでいわゆる案件のキーマンと呼べる人がいないのが辛いところでしょうか。

ローカルにサーバ立ててアプリを動かしただけですげーって言われるようなメンバーなので、あまり無茶しなくてもこなしていけるんじゃないかって思いはあります。

いままではかっちりWBS決めて、各領域のキーマンがいて、作成物は必ずレビューして通ったもののみ納品。というやり方でした。また嫌なことに金融系の案件にいたからレビュー観点がアホみたいに細かったりするんでめんどくさかったんですよね。少しでも遅延したら理由考えていつまでにやるみたいなの出さなきゃいけませんでしたし。そもそも無茶なスケジュール提示してるのはそっちだろ的な・・・。

まぁ180°までは行かないまでも120°くらいはちがう感じでお仕事するようになりました。

思うところですが、前職もそうでしたがBPの人には基本的に作業を考えさせるってことはなかったんですよね。キャリアが長い人とかだとそういうお仕事も降っていましたが、少なくとも自分みたいなIT土方歴10年未満の若造にはある程度やり方が決まってる作業を振るのが当たり前でした。

しかし今の案件は理解してる人が誰もいないというところで、どうやって開発するのか?どうやってテストするのか?みたいな計画からさせようとしてきます。近いうち自社の営業とヒアリングの場が設けられますが、そのときにちょっと突っ込んでみようかなと。3次請けという立場である以上、計画とかはする立場にないと思ってますし。

もう一個思うところがあって、1次請け↔2次請け間でやり取りとか決め事をしてくれないということがありました。基本的に自分の立場は2次請けの会社の人が仕事を持ってきてそれを粛々とこなすだけ。なにかQAとか決め事があったら2次請けの会社にエスカレして親と決めてもらう。というのが筋だと思いますが何かとこっちにやらせて来ようとしてきます。取れる責任の範疇にも限界がありますので基本的には自分らはエスカレしてあとはそっちでやり取りしてね。というふうにしてもらおうと営業に直談判しようと思います。

最後にもう一個。これは仕事のスタンスにも関わってきますが、チーム制ってやっぱ大事ですよね。なにかといいますと、一応外向けの体制図はありますが、今まで上げてきた思うところの通り、立場としては横一線なんですよね。もっというとTLの人が別案件バタバタでTLとして機能してない的な。なんていうか1次請けがバッサリスケジュール渡してきたら2次請けが詳細なスケジュール組んでそれより下層のレイヤの人間だったり会社がそのスケジュールを更に細分化するなり作業をこなすのが普通だと思ってたんですが、チーム制が崩壊というかないのでバッサリスケジュールをそのままやろうとするんです。なにか起きたときに責任は取らないっていう立場にいるのでいいっちゃ良いんですが、やっぱり逃げられない状況に追い込まれたときが怖いので、やっぱりチーム組んで管理者は置くべきだなと思ったし進言しようと思います。

 

いろいろ文句言いましたが、職場環境は陽の光も入ってきますし近いので不満は少ないので、営業と相談しながらできる限り自分の理想に近いものにしていければなと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!